Magoがプチ翻訳やってます!ご依頼はこちらをクリック。

ポルトガル語の動詞|初心者が最初に覚えるべき時制4つ

学ぶ
Mago
Mago

こんにちは。Magoです。

今回はポルトガル語の動詞の時制について学習しましょう。

ポルトガル語の時制は英語に比べて細分化されています。

さらに動詞の活用が非常に多いので、ここでつまずく方も多いのではないかなと思います。

そこで今回は初心者の方がまずどこから手をつけたらいいのか、最低限覚えておきたい時制はどこまでなのかその辺りについてお伝えしていきますね!

 

初心者が最初に覚えるべき時制は現在形と完全過去形の2つ

詳しく時制の学習をする前にまずは、ポルトガル語には時制がいくつあるのか見ておきましょう。

  1. 現在形
  2. 完全過去形
  3. 不完全過去形
  4. 未来形
  5. 過去未来形
  6. 大過去形

この6つですが、ほとんど使わない物もありますので焦らなくても大丈夫ですよ。

この中でまず覚えて欲しいのは、現在形と完全過去形の時制です。

さくら
さくら

え?二つの時制だけ覚えればいいんですか?

Mago
Mago

そうですね!2つだけでは心もとなく感じるかもしれません。ですが、まずはこの二つを徹底的に頭に叩き込んでください。その理由はまたのちほど説明しますね。

では、早速現在形の活用からみていきましょう。

直接法現在形の活用

規則動詞の活用

  ar(pegar) er(comer) ir(abrir)
eu pego como abro
você
ele
ela
pega come abre
nós pegamos comemos abrimos
eles pegam comem abrem
  • 上の表は規則動詞の現在形の活用表です。
  • 見出しのカッコの中の単語はar動詞、er動詞、ir動詞の単語例です。

 

ポルトガル語の動詞には規則的な活用をする規則動詞と不規則な活用をする不規則動詞があります。

Mago
Mago

規則動詞の語尾の形は3パターンしかありません。

  • 語尾がarで終わる
  • 語尾がerで終わる
  • 語尾がirで終わる

 

語尾がarで終わる動詞であれば、どの単語でも表のpegarと同じ語尾の活用をします。

語尾がerやirの場合でも表のそれぞれの単語と同じように活用します。

まずはこの『規則動詞の活用』から覚えましょうね!

文章の中での実際の使い方

  • 私は窓を開ける
    Eu abro a janela.
  • 彼は窓を開ける
    Ele abre a janela.
  • 私達は窓を開ける
    Nós abrimos a janela.
  • 彼らは窓を開ける
    Eles abrem a janela.

 

覚え方

Eu abro
Você abre
Nós abrimos
Eles abrem

Mago
Mago

このように主語と動詞をくっつけて覚えると、使うときにスムーズに活用が言えるようになりますよ。

 

不規則動詞の活用

  ser ir estar dar
eu sou vou estou dou
você
ele
ela
é vai está
nós somos vamos estamos demos
eles são vão estão dão

不規則動詞はそれぞれの単語ごとに活用の形が違いますのでコツコツ覚えていくしかありません。

ただ、活用にはある程度の傾向がありますので、慣れてくると徐々に覚えやすくなってくると思います。

不規則動詞は数自体はそれほど多くはありませんが、特に使用頻度の高い重要な動詞はこの不規則動詞であることが多いです。

Mago
Mago

まずはよく使うものから順番に覚えていきましょう。

 

主な不規則動詞

ser
~だ
poder
できる
estar
~の状態だ
dar
与える
ter
持つ
querer
欲する
conseguir
できる
saber
知る
vir
来る
fazer
する
conhecer
知っている
 
ir
行く
ficar
泊まる
haver
存在する
 

 

まずはこの14個の不規則動詞の活用を覚えておけば十分だと思います。

さくら
さくら

先生、活用って全部暗記しなきゃいけないんですか?

Mago
Mago

基本的にはそうです。だんだん慣れてくると感覚的に分かるようになってきますが、最初はとにかく暗記していくしかありません。

さくら
さくら

これは現在形と過去形を覚えるだけでも大変なことですね(*_*)

Mago
Mago

そうなんです。だからまずはよく使うこの二つだけに集中して覚えてくださいね!

 

不規則動詞の活用形の調べ方

これらの不規則動詞の活用形はポルトガル語の辞書をお持ちでしたら、巻末に活用形一覧があると思います。

またポルトガル語の電子辞書をお持ちでしたら、単語のページからその単語に対応する活用表へ飛べますので、大変手軽に調べられてお勧めです。

もし、あなたが辞書を何も持っていないという場合はインターネットを利用して調べる事もできます。

(ただし、まれに不規則動詞の活用形がサイトによって異なる場合があります。)

Conjuga-me

Conjugacao.com.br

 

これらはブラジルのサイトですので、ポルトガル語書かれていますが、表を見るだけですので慣れれば難しくないと思います。

時制に関する用語

  • Conjugação do verbo
    動詞の活用
  • Indicativo
    直接法の
  • presente
    現在形
  • Pretérito Imperfeito
    不完全過去形
  • Pretérito Perfeito
    完全過去形

直接法完全過去形の活用

ここまで直接法現在形の規則動詞と不規則動詞の覚え方を見てきました。

次に完全過去形の活用も覚えていきましょう。

完全過去形にも規則動詞と不規則動詞がありますので、慣れるまでは辞書などで活用形を確認しながら覚えていくといいと思います。

Mago
Mago

ちなみに、会話では過去形は一番よく使いますので、現在形よりも先に、こちらを覚えてもOKですよ。

 

規則動詞の活用

  ar(comprar) er(comer) ir(abrir)
eu comprei comi abri
você
ele
ela
comprou comeu abriu
nós compramos comemos abrimos
eles compraram comeram abriram

 

Mago
Mago

規則動詞の活用はこの3パターンです

さくら
さくら

さっきはar動詞はpegarだったのに何で今度は違う単語なんですか?

Mago
Mago

実はpegarは完全過去形では不規則動詞になるんですよ。

pegarのように現在形は規則動詞であっても、完全過去形では不規則動詞になる単語もありますので注意しましょう。

 

 不規則動詞の活用

  ser ir estar dar
eu fui fui estive dei
você
ele
ela
foi foi esteve deu
nós fomos fomos estivemos demos
eles foram foram estiveram deram

 

さくら
さくら

あれ?serとirの活用が同じですよ!

Mago
Mago

そうです。ですから、これらの動詞の過去形を使う場合は文脈からどちらの意味かを判断するんですよ。

 

ルールを知れば簡単!未来形と進行形の作り方

先程の2つと同時進行で初期の段階で知っておくといいのが未来形と進行形の作り方です。

これらは活用を全て丸暗記しなくても、一つのルールを覚えるだけでOKなんです!

Mago
Mago

ただし実は未来形といっても、本来の未来形は別の活用形があります。今回は助動詞を使って簡易的に未来の事を表す方法をお伝えしますね。

さくら
さくら

え?じゃあもうひとつの未来形も覚えないといけないんですか?

Mago
Mago

そうですね。ただ、そちらの未来形は一部の単語を除いては会話ではあまり使いませんので、活用は最後に覚えればいいですよ

 

未来形の作り方irの現在形の活用+動詞の原形

動詞の原形:動詞の活用していない形、『行く』の場合はirが原形

  • 私は散歩する。
    Eu vou passear.
  • 彼女は寝る。
    Ela vai dormir.
  • 私は明日ブラジルへ旅行する。
    Eu vou viajar ao Brasil amanhã.
  • 彼らは明日ブラジルへ旅行する。
    Eles vão viajar ao Brasil amanhã.

 

現在進行形の作り方estarの現在形の活用+動詞の現在分詞

現在分詞:動詞の原形からRを取ってNDOを語尾につけた形

 

  • 私はテレビを見ている。
    Eu estou assistindo TV.
  • 彼はテレビを見ている。
    Ele está assistindo TV.
  • 私たちは料理を作っている。
    Nós estamos cozinhando.
  • 彼らは料理を作っている。
    Eles estão cozinhando.

ここまでで4つの時制が言えるようになりましたね!この4つの時制を使うだけでも基本的な会話は十分できると思います。

 

その他の時制を覚える順番を考える

ここからはまだまだ先の話ですので、まずは頭に入れておくだけで大丈夫ですよ。
基本的な4つの時制を完全に覚えたら、次に覚えるのは不完全過去形の活用です。
こちらは不規則動詞がないので覚えやすいと思います。

次に過去未来形の活用を覚えていきましょう。

こちらは仮定を表す文章を作るときによく使いますので、仮定を学習するタイミングで覚えればいいと思います。

最後に未来形の活用を覚えましょう。

未来形は一部の単語はよく使いますが全体としてはそれほど使いませんので、優先順位としては最後で大丈夫です。

Mago
Mago

ちなみに大過去形というのもあるんですが、僕は会話では恐らく一度も聞いたことがありません。時代劇なら出てくるかな~という程度です。

 

大過去形は一部の表現で決まった言い方として含まれていることはありますが、普段の会話で耳にすることはまずないです。

かなり堅い印象の作文や法律関係の書類では現在でも使われているようですので、そういった分野に関わっている方は覚えておくといいと思います。

Mago
Mago

僕自身は、学生時代に物理学に関する論文を書くことが多かったですが、大過去形は一度も使ったことはなかったです。
論文でも法律関係の内容を書く場合には使用するのかもしれないですね。

 

また、これらの時制以外に完了形という物もあるのですが、それらは基本の時制に過去分詞を付け加えるだけなので基本の時制を覚えたら、完了形も一緒に覚えていくといいですよ。

完了形の作り方については、別の機会に詳しくお伝えしますね。

完了形の種類

  • 現在完了形
    terの現在形+過去分詞
  • 過去完了形
    terの不完全過去形+過去分詞
  • 過去未来完了形
    terの過去未来形+過去分詞
  • 未来完了形
    terの未来形+過去分詞
Mago
Mago

ポルトガル語は動詞の活用が多いので、初心者が時制にこだわりすぎるとなかなか次に進めなくなります。学習を進めていけば自然と動詞の活用も身についていきますので、バランスよく学習していってくださいね。

さくら
さくら

じゃあ、基本の4つの時制を覚えたら、動詞活用の暗記はやめてフレーズを覚えたり他の文法の学習に進んじゃっていいんですか?

Mago
Mago

もちろんです。どんどん進めていって下さい!基本の4つの時制を使っていく事でポルトガル語に体が慣れていきます。別の時制はその後で必要になった時に覚えていけばいいですよ。まずはポルトガル語に慣れることが大事です!

直接法動詞活用表(中級者向け)

最後に、初級レベルを超えてから覚える動詞の活用表を載せておきます。

Mago
Mago

くどいですが、基本の4つの時制がしっかりと身に着くまでは無視してくださいね。

直接法不完全過去

Mago
Mago

「~していた」という意味です。

規則動詞

  ar(comprar) er(comer) ir(abrir)
eu comprava comia abria
você
ele
ela
comprava comia abria
nós comprávamos comíamos abríamos
eles compravam comiam abriam

 

 不規則動詞

  ser ter vir pôr
eu era tinha vinha punha
você
ele
ela
era tinha vinha punha
nós éramos tínhamos vínhamos púnhamos
eles eram tinham vinham punham

 

 直接法過去未来形

Mago
Mago

名前の通り過去の時点から見た未来の事を表す場合に使います。その他にも、仮定文や丁寧な言い方をしたい時にも使われます。

規則動詞

  ar(comprar) er(comer) ir(abrir)
eu compraria comeria abriria
você
ele
ela
compraria comeria abriria
nós compraríamos comeríamos abriríamos
eles comprariam comeriam abririam

過去未来形の活用はar動詞、er動詞、ir動詞のどれでも語尾の活用は同じ形になります。

 

 不規則動詞

  fazer dizer trazer
eu faria diria traria
você
ele
ela
faria diria traria
nós faríamos diríamos traríamos
eles fariam diriam trariam

不規則動詞の3つの単語の語尾変化も同じ形です。

 

直接法現在未来形

Mago
Mago

「~する予定だ」という意味ですが、普段はirの現在形の活用+動詞の原形を使います。ただしこの時制の「será」は「~だろうか?」という意味でよく使います。

  • Será que ela é japonesa?
    彼女は日本人だろうか?

規則動詞

  ar(comprar) er(comer) ir(abrir)
eu comprarei comerei abrirei
você
ele
ela
comprará comerá abrirá
nós compraremos comeremos abriremos
eles comprarão comerão abrirão

未来形の活用はar動詞、er動詞、ir動詞のどれでも語尾の活用は同じ形になります。

serは基本的に不規則動詞であることが多いのですが、この場合は規則動詞と同じように活用します。

 

 不規則動詞

  fazer dizer trazer
eu farei direi trarei
você
ele
ela
fará dirá trará
nós faremos diremos traremos
eles farão dirão trarão

不規則動詞の3つの単語の語尾変化も同じ形です。

まとめ

今回は動詞の時制について学習してきましたがいかがでしたか?

動詞の活用はすぐには身に付きませんので、とにかく反復練習で覚えていきましょう!
欲張らずにまずは一つずつ段階をふんで時制を順番に覚えていくことがコツです。
焦らずじっくりと覚えていきましょうね。

Mago
Mago

それでは今回はここまでです。次回もお楽しみに!

さくら
さくら

Tchau!

 

コメント