Magoがプチ翻訳やってます!ご依頼はこちらをクリック。

ポルトガル語の前置詞初級編|最初に覚えるべき前置詞7つ

学ぶ
Mago
Mago

こんにちは。Magoです。

今回は前置詞の初級編です。

今回はまだ前置詞を全く勉強したことのない方に、とにかくこれだけは知っておいてほしいという物だけを厳選しました。

これらを知っているだけでも、普段の会話の幅が確実に広がりますよ。

 

前置詞をきっちり覚えておくと会話をする時にも迷いが減りますので、自信を持って話せるようになります。この機会にしっかりと身に着けておきましょうね。

ではさっそくいきましょう!

ポルトガル語の前置詞は英語より簡単

英語の前置詞ってかなり細かい使い分けが必要ですよね。

ポルトガル語は英語に対応している前置詞もありますが、全体的には英語よりもはるかに大まかです。

例えば、英語の前置詞は場所を表すにもatやin、onなど細かく前置詞の使い分けをしますが、ポルトガル語ではそういった事がありません。

ですから、あまり神経質にならず、気楽に覚えていきましょう!

 

今回学習する前置詞7つ

  • em (no, na) 
  • de (do, da)
  • para (pro, pra)
  • a (ao, as)
  • por (pelo, pela)
  • com
  • sobre
さくら
さくら

かっこの中の単語はなんですか?

Mago
Mago

それは縮合形です。前置詞の次に、冠詞付きの名詞がくる場合に、前置詞と冠詞がくっつくんです。

さくら
さくら

え??

Mago
Mago

これについては最後に詳しくお伝えしますね。
縮合形でも普通の前置詞の時と意味や使い方は変わりませんので、とりあえずスルーしておいて下さい。

 

前置詞の覚え方ですが、僕のおすすめは単語の意味を暗記するよりも使い方を覚えるということです。

前置詞はあくまでも次に来る名詞とセットで使いますから、使い方を知らないとせっかく単語の意味を暗記していても上手く使えないですよね。

それではさっそく使い方を見ていきましょう。

 

前置詞の使い方

場所に関する前置詞

どこどこへ

  • 横浜行く
    ir em Yokohama
  • 横浜行く
    ir para Yokohama
  • 横浜行く
    ir a Yokohama

 

Mago
Mago

この3つの文はどれも意味は同じですが、堅さの印象が変わります

emは 口語のみでしか使いませんのでカジュアルな言い方です。
paraは最も一般的に使用できて口語でも、文章を書く時にも使えます。
aは堅い印象があります。改まった場面や文章で使うのには最適です。

 

普段の会話で使ってもいいですが、いつもaを使う癖があると、真面目そうな人、堅い人といった印象を与えることがあります。

地名は冠詞が必要な場合と不要な場合があります。

Mago
Mago

例えば「日本」ならir no Japãoと前置詞が縮合形に変ります。

どこどこから

  • 東京から来る
    vir de Tokyo

どこどこを通って

  • 東京を通って行く
    ir por Tokyo

どこどこで・どこどこに

  • 東京働く
    trabalhar em Tokyo
  • 東京住む
    morar em Tokyo
  • 電車乗る
    subir no trem
  • この辺りで
    por aqui

所在を表すときはemを使うと覚えましょう。
ただし、具体的な場所ではなくこのあたり、あのあたりという時のみporを使います。

時間に関する前置詞

いついつに

  • 2017年行く
    ir em 2017
  • 行く
    ir na primavera
  • 来週行く
    ir na semana que vem
  • 土曜日行く
    ir no sábado
  • 行く
    ir de manhã
  • 5日行く
    ir no dia 5
  • 15日の夜行く
    ir na noite do dia 5

日付や、季節、年代、曜日を表すときは全てemです。
ただし、朝、昼、晩、夜中にというときのみdeを使います。

…時に

  • 6時起きる
    acordar às 6 horas
  • 6時起きる
    acordar de 6 horas

「…時に」にはàsdeを使います。
意味は全く変わりませんが、ポルトガル語の教材などではàsが使われていることが多いですね。

一日あたり

  • 一日6時間勉強する
    estudar 6 horas por dia

…時間後に

  • 6時間後出かける
    sair daqui a 6 horas
  • 6時間後出かける
    sair em 6 horas

「…時間後に」はdaqui aemを使いますが、daqui aの方がよく使われます。

emを使う場合でも6時間以内にという意味ではなくて、6時間経ってからという意味です。

Eu vou sair de casa em 6 horas.といった場合、話している時点が14時なら20時に家を出発するということです。

 

その他の前置詞

だれだれと一緒に

  • あなた一緒にいる
    estar com você
  • 怒っいる
    estar com raiva
  • 青い服をきている
    estar com camisa azul

comは「なにかとくっついている状態」を表す前置詞です。

人だけではなくて、来ている服や、その時の精神状態などもcomを使って表せます。

なになにの・だれだれの


  • a roupa da minha irmã
  • 6時電車
    o trem das 6 horas
  • ここパン
    o pão daqui

~のは人に対しても、モノに対しても全てdeで言えます

なになにで(交通手段)

  • 電車行く
    ir de trem
  • 徒歩行く
    ir a

交通手段は基本的にdeで表しますが、徒歩の場合のみaをつかってa péといいます。

なになにの為に

  • あなたの為作る
    fazer pra você
  • あなたを思いながら作る
    fazer por você

paraは為にという意味ですが、porは思いを巡らせてというような意味があります。

結果的にあなたの為にと同じ場面で使うことがあります。

なになにについて

  • あなたについて話す
    falar sobre você
さくら
さくら

先生、さっき思ったんですけど、「いつ」「どこで」「どこへ」はほとんどemだけで言えるってことですか?

Mago
Mago

実はそうなんですよ。会話ではemを使うだけで色んな事をいえますよね

さくら
さくら

それなら簡単ですね。

では、最後に前置詞と冠詞がくっついた形、「縮合形」についてお伝えしておきます。

前置詞の縮合形について

前置詞の縮合形というのは前置詞の後ろに来る主語の冠詞などによって前置詞の形が変化するというものです。

ポルトガル語の名詞については以前学習しましたが、覚えていますか?

さくら
さくら

名詞に性別があるんですよね。

Mago
Mago

そうです。女性名詞と男性名詞があります。

例えば曜日でいうと、土曜日は男性名詞で、月曜日は女性名詞です。

で、これらの単語の前に前置詞を置く場合にはこの縮合形を使うんですね。

Eu vou viajar em o sábado.
ではなくて
Eu vou viajar no sábado.

 

Eu vou viajar em a segunda-feira.
ではなくて
Eu vou viajar na segunda-feira.

となります。

前置詞の縮合形一覧表

Mago
Mago

それでは縮合形を見てみましょう。下記の3つのタイプがあります。

  • 前置詞+冠詞
  • 前置詞+指示詞
  • 前置詞+代名詞
    em de a por
冠詞 o no do ao pelo
a na da à pela
um num dum    
uma numa duma    
指示詞 este neste deste    
esse nesse desse    
aquele naquele daquele àquele  
代名詞 ele nele dele    
ela nela dela    

まとめ

今回は基本的な前置詞について学習してきました。
前置詞の使い方、感覚はつかめましたか?
長くなりましたので、簡単に表にまとめておきますので復習してみてくださいね。

 

場所に関する前置詞

~へ ~から ~を通って ~で、~に
em, para, a de por em (por aqui)

 

時間に関する前置詞

~に ~時に 一日当たり ~時間後に
em de, às  por  em

 

その他の前置詞

~と一緒に ~の ~で(交通手段) ~のために ~について
 com  de  de (a pé)  para  sobre

 

Mago
Mago

それでは、今回はここまでです。

次回は前置詞の中級編をお伝えしますのでお楽しみに!

 

コメント