Magoがプチ翻訳やってます!ご依頼はこちらをクリック。

副詞節を使って条件を表そう|ポルトガル語の基礎文法

学ぶ

Mago
Mago

こんにちは。Magoです。

今回は「副詞節」について学習しましょう。

副詞節って言われてもあまり興味がないかもしれませんが、この副詞節をきちんと理解しておくことは今後の学習をスムーズに進める為にかかせません。

副詞節を使えるようになると、こんな文が作れるようになります。

私が家に帰った時、母はすでに寝ていた。

この文の下線の部分が副詞節です。
副詞節を使うと条件や時間的な情報などを文に補足することができるんですよ。

それでは、はじめましょう!

副詞節とは

副詞節というのは副詞に似た働きをする文の要素の一つです。
まずは副詞と副詞節の特徴を見比べてみましょう。

  副詞 副詞節
単語数 一語 2語以上

(主語+述語を含む)

役割 動詞の修飾 文全体の修飾
副詞の修飾
形容詞の修飾
文全体の修飾
Ontem, ela sorriu. Quando ele veio, ela sorriu.
昨日、彼女は微笑んだ 彼が来た時、彼女は微笑んだ。
Mago
Mago

表の「単語数」というのは具体的には例文の太文字の部分のことです。

副詞節は実際の例文を見た方が理解しやすいので、基礎知識にはさっと目を通してもらえればOKです。
早速副詞節の作り方を見ていきましょう。

基本的な副詞節の作り方

今回は「彼が来た」という意味の副詞節を作ります。

接続詞
Quando
ele veio
彼が来た
    1. 接続詞を先頭に置きます。
      例では「時」を意味する接続詞quandoを使用しています。
    2. 接続詞の後ろに主語と動詞を含む文を置きます。
Mago
Mago

副詞節で使用する接続詞には様々な単語がありますので、それらは別の記事でお伝えしますね。

副詞節の使い方

副詞節の使い方には2つのパターンがあります。

    • 副詞節をメイン文の前に配置する
    • 副詞節をメイン文の後に配置する
Mago
Mago

具体的にどのような文になるのか順に見ていきましょう。

副詞節をメインの文の前に配置

修飾文 (副詞節) 主語 述語
Quando ele veio ela sorriu
  • Quando ele veio, ela sorriu.
    彼が来た時、彼女は微笑んだ。

副詞節をメインの文の後に配置

主語 述語 修飾文 (副詞節)
Ela sorriu quando ele veio
  • Ela sorriu quando ele veio.
    彼女は微笑んだ。彼が来た時に
Mago
Mago

使い方が二種類あると言っても、意味は全く変わりません。

さくら
さくら

状況によって使い分けたりしないんですか?

Mago
Mago

使い分けも特にないので、好きな方を使えばOKです。

副詞節でのコンマの使い方

先程、副詞節の文には2つのパターンがあるとお伝えしました。

    • Quando ele veio, ela sorriu.
    • Ela sorriu quando ele veio.
Mago
Mago

例文のコンマ(,)の有無に気が付きましたか?

一つ目の文にはコンマがあるのに、二つ目はないですよね。
これは副詞で文全体を修飾する場合も同じです。

例えば

    • Ontem, ela sorriu.
    • Ela sorriu ontem.

副詞はメインの文の後ろに置くのが基本の形です。
その場合は特にコンマは必要ありません。

ですが、副詞を前に持ってくる場合は、メインの文との境界をはっきりさせるためにコンマを入れます。

また、話す時にはコンマの所でひと呼吸おきます。

副詞節を読む際のポイント

副詞節を使った文は、二つの文を接続詞でくっつけていると考えることができます。

「Ela sorriu」  quando  「ele veio」

ただし、この時に注意しておきたいのが、二つの文の関係です。
この二つの文は決して対等ではありません。

そもそも副詞は文のアクセサリーのようなもので、あってもなくてもメインの文には影響がありません。
これは副詞節の場合でも、同様です。

Mago
Mago

副詞節は「修飾語である副詞が拡大しただけ」と覚えておきましょう。

まとめ

今回は副詞節について学習してきました。
副詞節の作り方・使い方はそれほど難しくなかったんじゃないかなと思います。

ただ、実は副詞節に関する学習はこの先がややこしくなっていきます。
ですから、基礎である今回の内容はしっかりと頭に入れておきましょうね。

Mago
Mago

それでは今回はここまでです。

さくら
さくら

Tchau!

コメント