ココナラで翻訳やってます。ご依頼はこちらをクリック

日程調整に便利!場所や時間を伝えるポルトガル語フレーズ

フレーズ
Mago
Mago

こんにちは。Magoです。

今回は時間や場所など詳細な情報を伝える為のフレーズをご紹介します。
予定を立てたり、人と約束をする際には必ず必要になるのでこういった表現を使いこなせるようにしておくと便利ですよ。

これらの表現は文の中ではあってもなくてもいいアクセサリーのような役割をしていますが、知らないと他の言葉では代用しにくいのでとても困ります。
まずは基本的なフレーズを覚えていつでも使えるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

ポルトガル語の場所・時間フレーズ

さくら
さくら

見出しや単語をクリックで表示・非表示を切り替えできます。

日本語 ポルトガル語
横浜で em Yokohama
郵便局に nos correios
改札を出たところで na saída das catracas
高校時代の友達と com meu amigo da época de escola
来週の月曜日に na segunda da semana que vem
会議までに até a reunião
時間がある時に quando tiver tempo
至急 urgente
優先的に com prioridade
お盆休みの期間中 durante o feriado de obon
詳しく(口語表現) com mais detalhes
ざっくりと(口語表現) ・sem muitos detalhes
・bem por cima
事故の件について sobre o acidente
必要書類について sobre os documentos necessários
10時の das 10 (horas)
1か月後 daqui a 1 mês
1か月前  1 mês atrás
さくら
さくら

あれ?「一か月前」は1 mês atrásって言うんですか?
でもatrásって「後」って意味の単語ですよね?

Mago
Mago

atrásは「後」という意味です。
でも時間を表すフレーズとして使用する場合には、過去を表すんですよ。

ポルトガル語では過去を表す時に、「後」という意味のatrásを使用します。
「1か月前」であれば1 mês atrásと言います。

日本語だと「一か月後」のように未来の事に対して「後」という単語を使いますので、慣れるまで少し違和感があるかもしれませんね。

日本語 ポルトガル語
午前中に Pela manhã
5時前に Antes das 5 (horas)
5時前後に Lá pras 5 (horas)
5時30分に Às 5 (horas) e meia
5時5分前に Antes das 5 (horas) e 5 (minutos)
5時ちょうどに Às 5 (horas) em ponto
3時から A partir das 3 (horas)
10時以降に Depois das 10 (horas)
10時まで
10時までに
Até as 10 (horas)
10時以前に Antes das 10 (horas)

さくら
さくら

最後のatéとantes de は結局どっちも同じ意味なんですか?

Mago
Mago

これは文によって同じ意味の場合と違う意味の場合があるんです。

atéとantes de の意味の違い

  • até
    行動が始まり、ある時点まではその行動が継続する。
    行動がある時点の前に始まる。

  • antes de
    行動がある時点の前に始まる。

Mago
Mago

前置詞の意味に注目して、例文をみてみましょう。

  1. Eu tenho que dormir até 10 horas.
    私は10時まで寝なければならない。

  2. Eu tenho que dormir antes das 10 horas.
    私は10時までに寝なければならない。

この2つの文は意味が異なります。
1の場合は10時になるまでずっと寝なくてはいけないといっています。
2の場合は10時よりも前に寝なくてはならないといっています。
もう少し別の例文も見てみましょう。

  1. Eu vou mandar carta até 10 horas.
    私は10時までに手紙を出す。

  2. Eu vou mandar carta antes das 10 horas.
    私は10時までに手紙を出す。

こちらはどちらの文も全く同じ意味になります。

さくら
さくら

何で同じ単語なのに文によって意味が変わるんですか?

Mago
Mago

実は、文の中の動詞によって前置詞の意味が変わるからなんです。

時間に関するフレーズでは、動詞の性質に注意しよう!

動詞は基本的に動作や行動を表しているわけですが、その中には一瞬で終わる動作継続する動作があります。
この動詞の性質によって先程の前置詞の意味が変わってきます。
atéには二つの意味があり、継続性のある動詞と一緒に使用する時には、「その時間までずっと」という意味になります。

さくら
さくら

継続性のある動作ってどういうことですか?

Mago
Mago

一瞬では完結しない動作のことです。

例えば「寝る」という動作は普通は1分以上継続しますよね。
(一瞬だけ寝るということもありますが、通常は一瞬ではないと思います。)

ただ、これらの動詞の分け方にはっきりとしたルールはありません。
一般的にどちらのイメージで使用されている動詞なのかで使い分けて下さいね。

  • 一瞬で終わる動作
    出発する、消す、たたくなど 

  • 継続性のある動作
    寝る、歩く、歌うなど

まとめ

今回は時間や場所などを伝えるためのフレーズをいくつかご紹介しましたが、いかがでしたか?
一見地味なフレーズばかりですが、会話ではかなり使う場面が多いと思います。
日々の生活の中でどんどん使ってみてくださいね。

Mago
Mago

それでは今回はここまでです。次回もお楽しみに!

さくら
さくら

Até mais!

コメント