Magoがプチ翻訳やってます!ご依頼はこちらをクリック。

ポルトガル語の副詞|種類と位置について

学ぶ

Mago
Mago

こんにちは。Magoです。

今回は副詞について学習をしていきたいと思います。

以前、品詞についての記事でちらっと触れましたが、そもそも副詞ってどんな品詞か覚えていますか?

さくら
さくら

名詞以外の単語を修飾するものでしたっけ?

Mago
Mago

そうです。形容詞や動詞を修飾して程度などを表す品詞です。

文章を書くためには主語や動詞が不可欠です。

けれども、副詞というのは、実はあってもなくても文章自体は成り立つんです。

主語と動詞がTシャツとズボンなら、副詞はアクセサリーのようなものですね。

さくら
さくら

そっか!なくてもいいなら副詞はそんなに重要じゃないですね!

Mago
Mago

そんなことないんですよ。

アクセサリーと言うと、たいしたことが無いように聞こえますが、実はこの副詞をしっかりと身に着けておくと、シンプルな文型だけでもすごくバリエーションが広がるんですよ。

それから、ネイティブの会話では常に副詞を使いますので、きちんと理解しておくことで、聞き取りも格段にレベルアップします。

今回の学習でぜひ副詞をあなたのモノにしてくださいね。
それではいきましょう!

スポンサーリンク

副詞の種類

一口に副詞と言っても7種類の副詞があります。
副詞にはどういった種類の単語があるのか見ていきましょうね!

時間

  • hoje
    今日
  • sempre
    いつも
  • de repente
    急に
  • nunca
    今までに
  • cedo
    早く
  • à tarde
    午後に

『今日』『いつも』など時間や時間にかかわる程度を表す語

場所

  • aqui
    ここに

  • あそこに
  • onde
    どこに
  • à esquerda
    左に
  • atrás
    後ろに

『ここに』『後ろに』など場所を表す語

様子

  • bem
    よく、かなり
  • cara a cara
    面と向かって
  • à vontade
    好きなだけ
  • devagar
    ゆっくり

『かなり』『ゆっくりと』などどのようにを表す語

度合い

  • mais
    もっと
  • apenas
    ~だけ
  • tão
    非常に
  • meio
    少し
  • quase
    ほとんど

『もっと』『ほとんど』など量的な度合いを表す語

疑問

  • talvez
    多分
  • provavelmente
    恐らく
  • por acaso
    偶然に

『多分』『偶然』など不確かな事を表す語

肯定

  • sim
    はい
  • com certeza
    確かに
  • sem dúvida
    疑いもなく
  • claro
    明らかに

『はい』『間違いない』など明確な様子を表す語

否定

  • não
    いいえ
  • de jeito nenhum
    決して。。。ない

『いいえ』『絶対にない』など否定を表す語  

基本的な副詞の単語は基本の副詞・副詞句一覧|ポルトガル語単語集にまとめてありますので、よかったらこちらも参考にしてください。

副詞の位置

では、これらの副詞を文章の中のどこに置けばいいのかについて考えてみましょう。
ポルトガル語では単語の配置がとても重要なのは以前お伝えしたと思います。
基本的には、主語ー述語ー目的語のように単語を配置する順序は決まっています。

けれども、じつは副詞に関してはこのような明確な配置が決まっていないんですね。

さくら
さくら

え?じゃあ副詞はどこに置いても問題ないってことですか?

Mago
Mago

それがそうでもないんです。副詞の配置はかなり融通がきくんですが、置くとおかしくなってしまう場所もあります。

さくら
さくら

中途半端で一番困りますね。

Mago
Mago

そうですね。これは少しずつ覚えてもらうしかないのですが、考え方のコツみたいなものがありますので、最初はそれを参考にしてみてください。ただし、ルールではありませんので、そこは注意してください。

さくら
さくら

何か問題でもあるんですか?

Mago
Mago

こういった傾向があるよというだけなので、この考え方に当てはまらない事も多々あるんです。基本的には丸暗記できない事ですのであまり型にはめて考えないようにしましょうね

副詞の配置のだいたいの目安

動詞を修飾する副詞

Mago
Mago

動詞の後ろに置くことが多いです。

  • acordo cedo
    早くくおきる
  • ando lento
    ゆっくりと歩く
  • gosto muito
    すごく好き

日付にかかわる副詞

 

Mago
Mago

このタイプの副詞は最初や最後に置くことが多いです。

  • Hoje eu passeei.
    今日は散歩にいった。
  • Eu vou pra praia amanhã.
    明日海へいく。

形容詞を修飾する副詞

 

Mago
Mago

形容詞の前に置くことが多いです。

  • muito bonita
    すごくかわいい
  • um pouco cansado
    ちょっと疲れた
  • muito rico
    すごくお金持ちな
Mago
Mago

「○○過ぎる」という表現の場合は形容詞の後に副詞がきます。

速すぎる=rápido demais

naoやnunca

 

Mago
Mago

これは、動詞の前に置くことが多いです。

  • Eu não gosto de estudar.
    私は勉強が好きではない
  • Eu nunca fui para França.
    私はフランスへ行ったことがない

それ以外の副詞

ここまで5つの副詞の種類の位置をご紹介しましたが、これら以外の副詞を使う場合は、日本語を話す感覚でその位置に配置してみましょう。

Mago
Mago

迷ったら難しく考えず日本語で話す時と同じような位置に副詞を入れてみてくださいね。たいがいは問題ないと思います。

まとめ

今回は副詞について学習してきました。
副詞の位置には明確なルールがないので、ポルトガル語の例文を見て覚えたりネイティブの会話をきくことがあれば、副詞の位置にも注目して、少しずつ使い方に慣れていってくださいね。

Mago
Mago

それでは今回はここまでです。次回もお楽しみに!

さくら
さくら

Tchau!

コメント